--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.30

回想録(パール骨折!)

では、今後は、すでにボケはじめているお脳をフル回転して、記憶をたどってみることにしましょう!

うぅーん・・・・・、やっぱり、いちばん激烈に記憶に残っていることといえば、
“パールの骨折”でしょうか。。。

こりゃぁー、ホントにビックリしたね。
何が起こったかまったくわかりませんでしたよ、私も夫も。
今だから笑って話せますが、その時は泣き叫びましたもん、私もパールも。

うちの近所の河川敷のミニゴルフ場、営業が終了した後、「わんこお散歩OK」って、開放してくれてるんです。
まあ、最低限のマナーは必要ですよ。グリーンやバンカーには入らないとか。
でもなんて太っ腹なんでしょう!パチパチパチ・・・・
みなさぁーん、出入り禁止にならないようにマナーには十分注意しましょうねぇー。

で、3回目のワクチンも無事終了し、最初は怖がって歩かなかったお散歩も
走りまわるようになって、初めてゴルフ場デビューしようとしたその日。
悪夢の出来事が起こりました。。。

まだコースをまわっている人たちがいらっしゃったので、終わるまでしばし待機。
といっても、そのよこの河川敷の公園で待機中のお散歩仲間と追いかけっこ~
を楽しむはずだったのに、ハイパーテンションのパールったら、はしゃぎすぎ。。。
「かわいいねぇ~」「いえいえ、おてんばすぎてこまってるんですよぉ~」なんて
会話してよそ見してたら・・・

「きゃぁあーーーん、きゃぁあーーーん」
「きゃいぃーーーーーーーーーーーーーーん」


聞いたこともない、そりゃぁーものすごい悲鳴が聞こえてきました。

何事かっ!と思い見ると、右前脚を上げて泣き叫ぶパールが。。。

こっちを向いて悲痛な顔でまったく動かず。
急いで駆け寄って、右前脚に触れてみると悲鳴をあげる始末。

なんと、私と夫は見ていなかったのですが、遊びたい盛りのパールが
コーギーちゃんと一緒に走りたくて、まわりをクルクルくるくる走り回っていたんですって。
それでだんだん近づいて、フセしていたコーギーちゃんが何の気なしに振り向いたところに
バーンってぶつかったんですって。

自損事故です、ハイ。

4ヶ月もペットショップにいたもんですから、筋肉はもちろんついてません。
その上、もともと骨が細いコだったもんですから、
橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)が両方ともポッキリと・・・・そりゃ、痛いさー。

とりあえず、その時点では折れてるのかどうかはわかりませんでしたが
パールの痛がりように恐れおののいた私と夫ちゃんは病院に直行。
かかりつけの病院とはすぐに連絡がとれなかったので、違う病院を探して急いで連れて行きました。

レントゲンをとる時、応急処置していただいたときの悲鳴・・・忘れられません。
その声を聞きながら一緒に泣き続けた私です。。。
センセに励まされました、ダイジョブだからって。

暴れ痛がるパールを一生懸命押さえて治療してくださった先生と看護師さんたち、
ホントーにありがとうございました。

いつもは動き回ってとまらないパールが今度ばかりは固まっておりました。

IMGP1895_convert_20090930215812-1.jpg
続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 21:53 | 回想録 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。