--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.08.05

事故の様子

皆さんの励ましのおかげもあって、
パールは日々回復しています。
また、私たちもみなさんのおかげでずいぶん元気付けられました。

本当にありがとうございます。


今回の事故ですが、きっかけは些細なことで、
特段、いつもと変わった状況で起きたことではありません。
ですので完全に私は油断していました。

皆さんの周りでも起こる可能性もあるかもしれませんので、
参考にしてもらえればと思って、事故の様子を書いてみます。
(事実そのままを伝えたいと思いますが、私情が入って事実と異なる点があるかもしれません)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この日、いつものように河川敷にルビィとパールを連れて散歩へ行き、
いつもの場所で、いつも会う犬たちと遊ばせていました。

いつも会う犬には大型犬~小型犬までさまざまな犬種がいます。
いままでこの犬たちと遊んでいて大きなトラブルはありませんでした。

犬たちが遊んでいるところで、大型犬の飼い主さんがおやつを与え始めました。
当然、何頭かはそれに気づいてその飼い主さんのところへ集まります。
その中にパールもいました。
(ルビィは基本的にあまり私から離れないので、このときも私の横にいました。)

この光景自体も特に珍しいわけではなくて、時々犬たちにおやつをあげたりすることもありました。

大型犬の飼い主さんは、集まったほかの犬たちにもおやつをあげるため、
自分の飼い犬に「あなたはもう食べたから待ちなさい」といって、待てをかけました。
そして、パールにおやつをあげようとしたときに、
その大型犬がパールのおやつを取ろうと顔を近づけてきました。
パールは横取りされると思ったのか、「ガウッ」と大型犬を威嚇をし、
その瞬間に事故が起こりました。
大型犬がパールに噛み付き。。。(暗いのと動揺していたのでこの先はあまり正確に覚えていません)

事故が起きたときの様子はこんな感じです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

噛み付いた大型犬がいけないといえばそれまでですが、
大型犬を威嚇したパールに一因がなかったとはいえません。

食べ物が関係したために、本能をおさえるのが難しくなったんだと思います。


咬まれた後のパールの悲痛な叫び声はいまだに耳を離れないです。



ちなみに、パールがそのときに着ていた服です。
パールの血で真っ赤に染まってました。
IMGP8373[1]

クールマックス素材なので、夏の散歩で着せています。
で、あれだけの傷を負ったのに、この服やぶれてないです。
もしかして、この服のおかげで多少でも傷が浅くなったのかもってのは考えすぎですかね。
でも、そうやって考えるとこの服見たときに、嫌な思いが少なくなります。



ランキングに参加してます。
皆様の応援、本当に励みになりました。
にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://rubypearl1125.blog62.fc2.com/tb.php/162-047c1ed9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
そういうことだったんですね。
いつも出会うワンちゃんとどうしてあんな深い傷になるのか?
とっても不思議だったんですけど…
原因はおやつだったんですね
ワンコが集まれば、おやつをあげる人、くれる人って必ずと言っていいほどいますもんね
小型犬同士ならともかく…
そこに大型犬がいるとこういう事故も起こりかねないということですね
確かに可愛い我が子とはいえワンコですもんね
食べ物が絡めば、本能がおさえきれないのは当然ですものね
気軽に考えていたおやつですが、これからはおやつをもらう時もあげる時も気をつけなければいけませんね。
辛いことを公開してくれたパパさん、パールちゃん 本当にありがとうございました。
我が家も今後気をつけたいと思いますが、パールちゃんの命が助かって本当に本当に良かったです。
Posted by タルミルママ at 2010.08.05 23:22 | 編集
仕事で忙しくて、めずらしくるびぱるブログを見るのを数日さぼっていたら大変なことになっていて血の気がひきました。
とにかくとにかく命が助かってよかったです。きっと応急処置や、連れて行くスピードや、連れて行った獣医さんの腕のよさなど、いろんなことが幸いして助かったと思います。

わたしも、ぱーるちゃんと似たような状況、おやつがからんで、うちの犬が他の犬にがうった、ということは、るびぱるぱぱたちもごぞんじなように、本当にたくさんあります。たまたま相手の犬が怒ってくることがなかっただけですが、もしそうなった場合、るびぱるぱぱままのように的確に対処して命を助けることができただろうかとおもうと自信がないです。

たくさんの犬がいるということはどういうことか、そこで食べ物を出すと何が起こるか。大きさの違う犬だとどんなことがありうるか。他の犬にがうったらどうなることがあるか、ということは、私の中ですっかり抜け落ちていた視点でした。本当に思い出したくもないことでしょうに、わざわざブログに書いていただいて本当に感謝します。

とにかく命が助かって、ぱーるちゃんがまたうちに帰ってきてよかったです。

退院したんだからぱーるちゃんは一安心ですよね。ぱーるちゃんはぱぱままと一緒にいられさえすれば、それだけでリラックスできて、元気がでるんだと思うので、これからはがんがん回復するんでしょうね。動物の回復力、生きる力、って人間とは比べ物にならないっていいますからね。怪我とショックと手術はどれもビタミンCたくさん使うそうなので、ビタミンCいっぱいはいった栄養たっぷりのもの食べさせてもらってね。
ぱーるちゃんのこれからの回復の様子も、お忙しいとは思いますが更新してくださいね
Posted by おひさま野原のたんぽぽ日記 at 2010.08.05 23:26 | 編集
パールちゃん退院おめでとうございます^^
パールちゃんもお家でパパさんママさんルビィちゃんと
一緒に過ごせるの嬉しいでしょうね^^
本当に良かったです^^

事故の様子を教えていただきましたが、
我が家も似た経験をしたことがありました。
やはりおやつを貰う時、あげる時は気をつけないと
いけないなぁと改めて思いました。

あれ程の怪我をしたのに洋服が破れていないとは、
ビックリしました。

まだまだ暑い日が続きますので体調崩さないようにしてくださいね。
Posted by ●ハリーパパ・ママ at 2010.08.05 23:44 | 編集
遅くなりましたが退院おめでとうございます☆
すごい傷だったので、もっと入院かと思いましたが、早かった~!
本当によかった。
パールちゃんは本当に強い子ですね。

ひなはあの避妊手術のときでさえ、1週間はまるっきり笑顔もなくなり、動かないしだったのにパールちゃん最高の笑顔。安心しました。


パパさんのるびぱるちゃんへの愛情も本当に強く感じました。

今回の事故の原因はおやつが絡んでいたんですね。
うちもわかるとおりおやつがでてくると、すごいテンションあがりクレクレ攻撃がすごいです。
いつほかのわんこのおやつを取り返すかわからないし、とにかく大型犬がいるときほど、注意しなくてはと思いました。
思い出したくもないなか、事故の様子を書いてくださってありがとうございました。


少しでも早く、元気なパールちゃんに会えることを祈ってます!!
Posted by ひなmama at 2010.08.06 00:27 | 編集
事故の様子を書いてくださって、有り難うございます。
お辛かったですよね・・・。

おやつ絡みでしたか。
もしかしてそうかな、と思ってはいたのですが。
馴染みのワンちゃんとそういう事故になるというのは、本能絡みしか考えられないな~と。
難しい問題ですね、たくさんいるところでおやつあげないで、とは言い辛いですし。
うちも、いつものカフェでおやつをやたらとくださる方とかいらっしゃるのですが、せめて一言「あげていいですか?」って聞いて欲しいなぁと思います。
ダイエットしている現在、あんまりあげたくないんですよね~(次元が違いますが・汗)。

とにかく、たくさんワンちゃんが集まる場だけでなく、散歩中にすれ違うワンちゃんとも気をつけないとと思います。

では、パールちゃんの早い完治をお祈りしています☆
Posted by kanon at 2010.08.06 01:08 | 編集
ワンコが集まる場所ではどうしても事故の可能性はありますよね。
飼主はどうしても自分の愛犬の行動パターンが基準になってしまい
他のワンコの突然の行動が予測出来なかったり。。。
DogRunではボールとオヤツは禁止している場所が多いですね。
でも、ワンコにも[絶対に超えてはいけない一線]はあると思います。
人や犬に大怪我を負わせたとなるとやはり状況を言い訳にすること
は出来ないと思います、加害者が自分の愛犬の持つ[凶暴性]から
目を背ければ、また事故が起こってしまうかも知れません。

洋服の件は仰る通り、お洋服がパールちゃんを守ってくれたのだと
思います、ホントにパールちゃんの命が無事で良かったです。
Posted by vivipapa at 2010.08.06 01:32 | 編集
こんにちは。近所のハピメリ家です。
ブログされているの知りませんでした~
今週月曜犬友と会ったとき、「ルビパル家のパールちゃんが大怪我したんだって」
と聞いて、え???とびっくりし、ブログを探した次第です。

先日朝の出勤時にルビパルちゃんと奥様のお散歩に出会って、
元気な姿に会ったばかりだったので、大怪我したと聞いてすごくショックでした。
回復に向かっているとのこと、本当によかったです!

きっかけはそうか、おやつでしたか。
確かに河川敷には色んなワンコ&飼い主さんがいますもんね。。。

さて、先日奥様とお会いしたときお誘いしたのですが、
パールちゃんが元気になったら、ハピメリ家で遊びませんか?
ワンコと赤ちゃんのいる生活、参考になれば♪




Posted by ちなつ@ハピメリ家 at 2010.08.06 09:28 | 編集
こんにちは。記事を見てビックリしました。。。。。
それでもともかくパールちゃん無事に退院できて良かったですね。
いつもの光景のなかで起きたことなら一緒にいたパパさんもさぞショックだったことでしょう。

手の届かない所に行ってしまうこともあるノーリードは本当に注意しなければいけないですね。

誰かが傷つけば双方の犬の心にも飼い主の心にもキズを残してしまうんですよね。
しゃべれないワンコに絶対はないので被害者、加害者、いつ誰がどちらになるかもわかりません。
記事にしてくださったおかげで改めて気をつけないといけないなと思いました。


Posted by しゅうタバママ at 2010.08.06 10:24 | 編集
辛い思いをしたのに事故の様子を書いてくれてありがとうございます。

ドッグランではおやつ禁止というのが注意事項に書いてあるけど、普段仲良くてもおやつは気持ちをおさえられなくなるんですかね?


どちらが悪いとも言えない状況かと僕は思います。


うちは大丈夫!と思っていても同じことが起こる可能性もありますね。


僕も注意していこうと思います。


パールちゃん、早く治りますように!
Posted by ポメのブレイドの相方 at 2010.08.06 12:26 | 編集
まだまだお辛いであろうなか、詳しいご報告をありがとうございます。

事故の原因は、やはり「オヤツ」の与え方でしょうね。
(幸いケガには至りませんでしたが)僕も「苦い思い出」があります。
犬が集まってきてオヤツをあげていて、どの子かが「取り落とした」ときなんかに、
起こりがちな事故だと、僕は思います。
取り落とした瞬間、犬の「順番を守るスイッチ」は切れます。
オヤツがからむと、犬種を問わず、犬は「我を忘れる」ように思います。

今後とも散歩中に「オヤツ」を使って、お仲間の犬たちと遊ばせるということであれば、
やはり「一頭ずつ呼んで」「オヤツの取り合いにならないように」与えるのがよいと思います。
あと、あるオヤツが、ある子にとっては「アレルゲン」であることもあり得ますから…。
その子にとっては「自分だけオヤツをもらえない」のは、そうとうなストレスになるようにも思います。
生意気ですみません。
Posted by シェヴァパパ at 2010.08.06 13:49 | 編集
化膿することなく、順調に回復して、パールちゃんは、とても親孝行で頑張りやさんでした。ルウと同じくらいの小さい身体なのに。
たくさんの拍手を送りたいです。
愛情をたっぷり注がれている子で、元気なパールちゃんだからこそ、「力」が湧いてきたのでしょうね。
抜糸まで、あともう少し、我慢我慢ですね。

パールちゃんにとっても、家に帰れたことが、一番の喜びなのでしょうね。
クールマックスのお洋服着ていたので、助かったのだと思います。そして、傷に雑菌とかも、入らなかったのかも。

原因を詳細に書いてくださって、ありがとうございます。
いろいろと考えるキッカケになり、事故防止の上で、とても有意義なことだと思います。
このような悲しい事故が二度と起こらないようにと願う、るびぱる家の優しさが伝わりました。

Posted by hatata at 2010.08.06 15:44 | 編集
いつも拝見させて頂いていたのですが、
コメントさせていただくのは初めてです。
パピ7歳・こはる6ヵ月 2人とも女の子です。
事故に遭われた日に こはる も柴犬ちゃんに噛みつかれそうに・・・
いつも散歩で一緒にいます。
この日こはる は同じパピヨンの男に遊ぼうと誘われていたのですが
少し怖いのでしょ丸まっていたんです、そこへ伸びるリードしている
柴犬ちゃんがワーッと入ってきて首を噛もうとしたんです。
私は「やめてー」と叫びながら・・・行動はあまり記憶にありません
キャンキャン泣く こはる 抱き上げました。
幸い怪我はなかったのですがブログを読んで
そのときの後景が思い出し小さなパールちゃんがどんな思いをし
飼い主さんの気持ちを考えただけで涙が止まりませんでした。
本当に今回の事、参考にもなったというのでしょうか
上手く言えないのですが慣れていても何があるかわからないと
思いました、服のおかげ、合ったのでしょうね。
我家も着せています。
初めてなのに、長々とすみませんでした。
パールちゃんの傷が一日も早く良くなり元気になっていくのを願います。
ご両親の心の傷も癒される日が早くきますように。
Posted by パピママ at 2010.08.06 19:46 | 編集
パールちゃん順調に回復していて
ホントに頑張り屋さんで親孝行な子です!
お家でなら安心して日々過ごせるからドンドン日々回復だね^^


今回の事は、私のまわりでほとんど同じ光景で
普段同じように待てをかけて順番におやつや水を飲ませ
なんのためらいもなく行われています…
同じようにいつもは温厚で争いことがない仲間です。
大きい子も小さい子も仲良く遊んでいます。
りりぃは特に鼻っ柱が強く、大きい子にも怒ることがあるし、
nicoは結構遊びのターゲットになることがあるので、
肝に銘じて私は行動をしないと…

このような事故が起こらないようと願う
パパさんママさんルビィちゃんパールちゃんの気持ちを
無駄にしないからね!


Posted by ぽこめい at 2010.08.07 09:39 | 編集
パールちゃん、日々回復しているとのこと、とても嬉しく思います。
るびぃちゃんも きっと 毎日嬉しいでしょうね。よかったわね。

イチローも猫にぐるりを囲まれて襲われたときは(散歩中、野良猫にエサをあげている家の前を通ってしまった。私も一緒で怖かった) 半狂乱で叫んでいました(近頃は野良猫の方が強いのか?)この悲惨な声は忘れる事ができないと思うし、忘れちゃいけないと肝に銘じています。

事故の状況を教えていただき、ありがとうございます。この暑さでワンコ達もストレスがたまっていたのでしょうか。。。いずれにせよ、これからのワンコ生活の貴重な参考とさせていただきます。
家で順番を待つ事ができても、お外では イチきなも がっつくからな。。。

またお会いできる日を楽しみにして待っていますね。 皆様ご自愛下さいませ。
Posted by イチきなママ at 2010.08.07 12:41 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2010.08.08 13:32 | 編集
e-22タルミルママさんへ
食べ物って、ワンコにとって実は結構危ないものだっていうことが
私も今回、よくわかりました。
おやつを出すとみんなが寄ってくるのが楽しかったりするんですが、
ワンコにとっては必死なんですよね。


e-22野原ママへ
そうですね。
野原も食べ物に対して(というかママが持ってる食べ物に?)こだわりが強いから、
パールの事故が参考になればうれしいです。
パールの回復ぶりはビックリするくらいです。
これからも時々パールの様子はブログで伝えますね。


e-22●ハリーパパ・ママ
パールの事故が参考になればうれしいです。
今ではパールは前と変わらないくらいに元気です。
(元気すぎて安静にさせるのが大変なくらい。。。)
これからも時々パールの様子はブログで伝えますね。


e-22ひなmamaさんへ
おやつを出すとみんなが寄ってくるのが楽しかったりするんですが、
ワンコにとっては必死なんですよね。
私も今回よく考えさせられました。
ちょっとでもパールのことが参考になればうれしいです。


e-22kanonさんへ
ワンコにとっておやつって、本能がおさえられないものだってことが
今回よくわかりました。
ワンコが集まってくるのが楽しくておやつをあげたこともありますが、
考えを改めなくてはと思います。


e-22vivipapaさんへ
たしかにドッグランでボールとおやつは禁止というところ、多いですよね。
それだけこの2つはワンコを本能的にさせるのでしょうね。
ちなみに時々参加してるルアーコーシングも、
本能をむき出しにさせる競技なので、捕獲は絶対飼い主がやることになっています。
普段温厚なだけに忘れがちなワンコの攻撃力というもの、今回実感しました。


e-22ちなつ@ハピメリ家さんへ
コメントありがとうございます。
河川敷の散歩は、ルールがない分自由でいいですが、
その分だけ危険があるってことがよくわかりました。

お誘いいただいてありがとうございます。
ヨメ様がすごくよろこんでいます。
ワンコ(しかもパピヨン×2)+子供のいる家って知り合いにもないので、
是非参考にさせてください。
ちなみに私もアルコール大好きな人間です。


e-22しゅうタバママさんへ
そうですね。
今回、パールが被害を受けた側になりましたが、
状況しだいでは加害者にもなるかもしれません。
被害者にも加害者にもならないためにも、ワンコの管理はしっかりしなくてはと思います。


Posted by るびぱるpapa at 2010.08.08 21:43 | 編集
e-22ポメのブレイドの相方さんへ
おやつって、こんなにも犬の本能をださせてしまうものだというのが
よくわかりました。
ドッグランでおやつ禁止と書かれているのも納得です。
少しでも今回のことが参考になればうれしいです。


e-22シェヴァパパさんへ
そうですね。
おやつは与え方しだいでは、しつけにも使えるし
ワンコとのコミュニケーションにも使える大切なものなんですけどね。
今回はよく勉強になりました。


e-22hatataさんへ
ありがとうございます。
ホントにこういう事故は二度とおきて欲しくないと思います。
こうやってわが家がふさぎこまずにいられるのも、パールが元気なおかげです。
パールには助けられました。


e-22パピママさんへ
コメントありがとうございます。
いつも会っているから大丈夫っていう油断と
おやつに対しての認識不足が今回の事故の一番の原因だと思ってます。
でもこうやってブログ書けるのもパールが元気になってくれたおかげです。
パールには感謝感謝です。


e-22ぽこめいさんへ
同じ状況でも、事故が起こらないのが普通なのかもしれません。
私もいつものことだから、、、って思ってみてましたし。
でもこういうことも起こる可能性があることは知っておいて欲しくて記事にしました。
何かの参考になればうれしいです。


e-22イチきなママさんへ
パールは日々元気になっています。
というか、元気すぎて安静にさせるのが難しいくらいです。
今回の事故がちょっとでも参考になればうれしいです。


e-22鍵コメさんへ
ご心配いただきましてありがとうございます。
今回の事故がちょっとでも参考になって、同じような思いをするコがいなくなればうれしいです。
Posted by るびぱるpapa at 2010.08.08 23:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。