--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.12.01

お知らせしたいこと

先日のドッグタイムレースの続きをアップする予定でしたが、
先にお知らせしておきたいことがありましたので、予定を変更しました。

わが家では、以前から生の骨付き肉をルビィとパールに食べさせています。
最近は手羽中といってスーパーなどで売られているものを与えています。
犬はもともと狩猟動物であり、
獲物の骨や内臓から必要な栄養素を摂取するのが自然だと考え、
これまでも生骨や生の内臓、生肉を与えてきました。
生の骨付き鶏肉も、インターネットや本などで調べた結果、
あくまでわが家の判断で食べさせることにしました。

昨日の夜も手羽中をゴハンのあとに1本づつ食べさせたのですが、
パールが3分の1ほどを飲み込んでしまいました。
パールは硬いものを食べるのが上手でないため、
骨などはルビィの倍くらい食べるのに時間がかかります。
なので、ルビィが食べ終わったらルビィを捕まえて、隔離します。
そうしないと、パールが早く食べ終わったルビィにとられまいと丸呑みしてしまうからです。

この日もいつものようにルビィが先に食べ終わったので、
ルビィを捕まえようとしたとき、パールが私にとられると思ったのか、
のこり3分の1ほどを飲み込んでしまいました。

犬の消化器は、骨でも消化できると考えていたので、
そのときは、それほど心配はしていませんでした。

しかし、今朝パールの様子が明らかにおかしかったのです。
いつもなら朝ゲージをあけると、よろこんで飛び出してくるパールがゲージから出てきません。
抱いてみると、どこか痛いのかキャンキャンとなき、
さらにブルブルとずっと震えています。
体をいろいろとさわり、足の曲げ伸ばしなどもしてみましたが、
どこが痛いのかわかりません。

とりあえず、すぐにかかりつけの病院へ行き、
触診をしてもらいましたが、原因はわからず、レントゲンを撮ってみることに。
すると昨日飲み込んだ骨が、直腸のところで引っかかっているのが写っていました。
それが排泄できずに引っかかっているため、苦しがっているのだろうとのことでした。

幸い直腸の出口(肛門近く)まで骨がきていたため、
先生に肛門から取り出す施術をしてもらい、
無事、この骨はとりだすことができました。

IMGP4633.jpg

見たとおり、取り出した骨は、消化はされているようですが、
とても鋭利で内臓に刺さらなかったのは
とても運が良かったと言われました。
また、消化器を通過する際、内臓に傷がつくと
犬の場合、腹膜炎を起こす可能性が高いので、しばらくは注意して様子をみるようにとも。

病院から帰ったあとは、さっきまでのことがうそのようにパールはすっかり元気で、
排便も全く問題なく行えました。
まだ、安心はできないですけど、今のところは大丈夫そうです。

生骨を与えることは、私は否定するつもりは全くありませんし、
今後も与えたいと考えています。
現に生骨を食べていても、問題ない犬もいます。
ただ、その与え方にはとても注意と工夫が必要だろうと思います。
わが家のように多頭飼いの場合、単独飼いとはまた違った注意も必要です。
今回の件は、私の不注意で起こるべくしておきたことだと反省しています。

もし、同じように生骨を与えている方がいましたら、
(特にパールのような小型犬でも小さめの犬を飼われている方でしたら、)
消化管が細いので、このようなことも起こりえるということ、
そしてわが家の場合は運がよかったので大事に至りませんでしたが、
運が悪ければ、さらに深刻な事態になる危険があることを知っておいてほしく、
この記事をアップしました。

読まれている方の参考になればと思い、急ぎ報告いたしました。


面白くない書き方しかできない夫が今回は書いてみました。



※補足※

「犬はもともと狩猟動物であり、
獲物の骨や内臓から必要な栄養素を摂取するのが自然だと考え、
これまでも生骨や生の内臓、生肉を与えてきました。」
と書きましたが、これはBARF(Bones And Raw Food)の基本的な考え方をもとにしています。
もちろん鳥の骨を与えることについても同じ考えにもとづいています。

以下、基本的なBARFの考え方の一部です。
「野生動物は本来生の肉や野菜を食べていたので、生の食物に含まれる消化酵素に依存して食物を消化している。人間より強力な胃酸を持つ肉食動物達は生肉による寄生虫に悩まされることはまずない。生食は調理により栄養が壊されることがないので、栄養価の高い食物の摂取が出きる。骨は良いカルシウム源になる。(ウェルペットBARFより)」

こういったことを実践するかしないかは、
直接、ごはんを食べる本人(本犬?)に聞ければ一番いいのですが、
その方法もないので、飼い主それぞれが決めるしかありません。
そのためには、リスクやメリットに関して、情報収集が義務だと思います。
我が家の場合、リスクよりメリットが大きいと感じて、
実践しておりましたが、今回このようなことが起きてしまいました。
そのため、同じように実践されている方に注意を促す意味で今回のことをお知らせしました。

一部誤解を招くような書き方がありましたので、補足しました。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://rubypearl1125.blog62.fc2.com/tb.php/35-e320e7c7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.12.01 12:04 | 編集
こんにちは♪
夫ちゃん素早い記事UPお疲れ様でした><
大変なことが起きていたのですね!
もうすっかり大丈夫なのかしら?!
良かったね大事に至らなくて><
この前、ミミの一件もあり人事とは思えません。
ああぁ本当に良かったわぁ。
やっぱり小さいワンコは、器官の作りが細かったりするので
いろいろ気をつけなければいけませんね。
記事をUPしてくれてありがとう*^^*
我が家は、生肉?生骨はまだ経験させたことがないけど
勉強になりました。
といってもパールちゃんもまだ完全に治ったとはいえないので
早く良くなりますように・・・・・
Posted by Fuuママ at 2009.12.01 12:05 | 編集
パールちゃん、まずは無事で何よりでした、食欲があって元気なら一安心ですね。
加熱した鶏骨はNGだけど生はOKとしている文献も沢山ありますよね。
食事やオヤツに関しては過保護が良いのか危険は避けるべきか、考えさせられます。
viviはよく噛んで食べる犬なので、手羽中、ラムボーン、ヤゲンを与えています。
viviも失敗することがあるので食べ終わるまで注意して見るようににしていますが
パールちゃんの記事を拝見して、今まで以上に注意しようと思いました。
Posted by vivipapa at 2009.12.01 12:47 | 編集
パールちゃん大変でしたね!
こんなに鋭利な骨が内臓を傷つけなくて
本当に良かった!
しかも手術をしなくても済むような場所まで
通過してきてくれていてv-392

私は全く知識がないので鳥の骨=ダメv-430だと
思っていたので食べさせたことはありませんでした。

Fuuママさんところのミミちゃんの件もあったし
今回のパールちゃんもこともあり
何かを食べているときには よく見ていないと
いけないなぁと改めて思いました

大丈夫そうですがもう少し様子見が必要なんですね
パールちゃんが早く「全快!」になりますようにv-354
Posted by しぐママ at 2009.12.01 13:56 | 編集
v-286Fuuママさまへ

コメントありがとうございます。
パールは今も元気に走り回ってますので、問題はなさそうです。

生骨をあげること自体は悪くないのでしょうけど、
やはり野生の動物とは違って、食べ方とか上手ではないんでしょうね。
今回のことで注意が必要なことがわかりました。
今後、生骨をあげようと思われている方がいたら、
こういった注意が必要なことをお知らせしたく、急いでアップしました。
でもホントに今朝はびっくりしました。


v-286vivipapaさまへ

コメントありがとうございます。
食べ方って、個人(犬)差があって、
ルビィは良くかむし、細かく噛み千切るのですが、
パールはのどごしを楽しむ派のようで。。。
少し前も馬のアキレスジャーキーを飲み込んでしまい、
苦しがっていたので病院に連れて行ったことがあります。
(病院に着いたらケロっとしてましたけど。消化したんでしょうね)
体にいいものをあげたいけど、こういったリスクもあるので、
そのあたりを天秤にかけるのは難しいですね。
また、食べ方の癖にも注意が必要なことがわかりました。

あ、ちなみに先日K-7買っちゃいました。
ろくに使いこなせてないので、宝の持ち腐れですけど。。。


v-286しぐママさまへ

ご心配をおかけしました。
パールはすっかり元気なようで、
今もおもちゃを投げろと足元でウロウロしてます。
鶏の骨は生であれば、安全と言われています。
ですが、このようなことが起こる可能性はゼロではありません。
(実際、起こりましたので。。。)
食べ方の癖を理解して、ちゃんと注意していれば防げたことだと思います。
とても反省しています。
次回、ドッグイベントで会えましたら、
元気な姿をみせられるように今後は注意していきます。
Posted by 夫 at 2009.12.01 21:58 | 編集
記事を読んでビックリしました。
入院や手術の必要なく、元気に動き回っているということでひとまず安心しました。

やっぱり小さいワンちゃんたちは、うっかり飲み込んでしまうと大変なことになってしまうので、いろんな所に注意しないといけないのですね。
ハリーには生骨つき肉など食べさせたことありませんでしたが、今後食べさせるときは気をつけたいと思います。

パールちゃん早くよくなりますようお祈りしてます!


Posted by ハリー・ママ at 2009.12.01 22:03 | 編集
パールちゃん無事で良かった~。

ウチはほとんどドライフードのみなのですがたまには生の骨付き鶏肉あげてみたいな~
と思っていたんです。
持っているワンコごはんの本にも生の骨付き肉OKって書いてあったし。
(加熱した鶏骨はNG)すごく喜ぶだろうなと。
でも不安もあって踏み切れなかったんです。
ウチも多頭飼い。味気ないドライフードの一粒も取り合うほど全員がっつき。
歯磨きガムもカミカミせずあっという間に飲み込んでしまうので。
ひとりずつあせらないで食べられる状況の時チャレンジしてみます。

まだ様子見で不安でしょうにためになる記事のアップありがとうございました。
お大事にしてくださいね。

それから!2位入賞おめでとうございます!



Posted by ママぞう at 2009.12.01 22:42 | 編集
パールちゃんのお祝いに来たのにビックリ!

大事には、至らなかったとの事で本当に良かったね!
でも、まだ様子見なのね?
このまま、何でもない事祈ってます☆
お大事に。
Posted by 陸ママ at 2009.12.01 23:40 | 編集
v-286ハリー・ママさまへ

ご心配おかけしてすみません。
パールはすっかり元気な様子です。
体が小さいとやはり気をつけないといけないことはありますね。
とくにパールの場合、やんちゃだし、早食いだし。
またドッグタイムレースで元気にハリーくんと対戦できることを楽しみにしています。


v-286ママぞうさまへ

ご心配をおかけしました。
当の本犬はケロっとしております。
生骨をあげること自体には問題ないと思いますが、
注意が必要だと思います、ってことをお知らせしたかったのですが、
書き方が悪いせいか、皆様にご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません。
2位のお祝いコメントありがとうございます。


v-286陸ママさまへ

変な記事でびっくりさせてしまってすみません。
パールは何事もなかったように元気です。
今回のことは、私に責任がありますので、
しっかり反省しています。
パールが完治したら、また陸しゃんに挑戦させてください。
Posted by at 2009.12.02 00:06 | 編集
K-7買われたんですね~
秒間5コマちょいはドッグラン等では重宝するのでは。。。
カメラはやはり高性能な方が良い写真が撮れますからね
パールちゃんが全快したら全力疾走の写真を是非。

※補足※拝見しました、我が家も生食(オストリッチ)は実践してます
生の鶏肉と骨は以前は食べさせていましたがやはりギザギザが怖く
て中止しました。
健康とワンコの楽しみと経験値アップの為に噛み応えのあるオヤツ
は必要と思いますが、おっしゃられる通り十分注意が必要ですね。
Posted by vivipapa at 2009.12.02 00:11 | 編集
v-286vivipapaさまへ

> K-7買われたんですね~
> 秒間5コマちょいはドッグラン等では重宝するのでは。。。

へそくりがたまったので、1万円キャッシュバックのある今のうちにと。
カタログ上、5コマ/secですが、
AF-Cにすると、フォーカス優先になるらしく、
コマ数がちょっと落ちるようです。
それでも今まで使ってたのよりはだいぶマシですが、
超音波モーター付きの望遠レンズがあれば、もう少し歩どまりよくなりそうです。
(とはいっても所詮ペンタのAFですから知れてますけど。)

また、へそくりためなくては。。。
Posted by るびぱる at 2009.12.02 11:33 | 編集
本当にげんきになって良かったです。
私もルビパル家の考え方に賛成です。
ただ鳥の骨だけは折れるとき縦に割れるので注意しますが・・・なにぶん何でも食べちゃうルナが居るし、何でも丸飲みのミミは居るし、キヲヌケナイからあげたくてもあげられないのが実状です。
土曜日元気な姿で現れる事を楽しみにしています。
Posted by ヒメパパ at 2009.12.02 16:13 | 編集
初めまして。viviちゃんの所から飛んできました。
骨付き肉を丸のみされてしまったのですね。
でも大事に至らなくて良かったです。

鶏の骨付き生肉我が家でも与えています。
初めての時レオンは噛んで食べない子なのでちょっと
目を離した隙に1本丸のみされてしまいました。
その時は何事も無くて良かったのですが、やはり丸のみは
怖いので出刃包丁で小さく叩ききってあげるようにしました。
小さなワンコにはやはり何らかの工夫をしてあげないと危険が伴いますね。
私も鶏肉の骨付き生肉をあげる派なのでこれからも気をつけて行きたいと思いました。

Posted by leonmama at 2009.12.02 17:07 | 編集
v-286ヒメパパさまへ

私も今回のことで、食べ方によってあたえるものを変えたり、
あげかたを工夫しなくちゃいけないことを勉強しました。
(こんな勉強方法はもうこりごりですが。)
今日もパールの様子は変わったところもなく、
今も家のなかを走り回ってます。
週末には全快したところをお見せできると思いますので、
またよろしくお願いします。


v-286leonmamaさまへ

はじめまして。
ご心配いただきありがとうございます。
パールは、今度は足元にボールを持ってきて、
投げろと催促してます。(忙しいからあっちいけって)
leonmamaさんのように、万一飲み込んでも大丈夫な大きさに
切ってあげればいいかもしれませんね。
なるべくサプリとかに頼らずに自然な形で、
栄養をとらせてあげたいと思うので、参考にさせていただきます。

Posted by at 2009.12.02 22:16 | 編集
まずは本当に無事で良かったです!記事を読みながら心臓がばくばくしました。野原はほぼ2年間の間、毎日一本づつ合計700本以上の手羽中を食べ続けていて、私の中でももう感覚がまひしてしまっていて、ぽんとあげてあとは見てもいなかったのですが、そんなことになるなんて思いもしませんでした!私も、自分が感覚がなれてしまっているために、まわりにも安易にすすめるという姿勢をあらためなければと、今回のことで、身にしみました。今回この記事をアップしてくれてすごく良かったです。自分の判断であげたとはいっても、私が野原がずっと食べていて平気だよとか、カルシウム足りなくなると困るよとかいってしまったことも、あげることを大きく促すことにはなってしまったとおもうので、今後人に話すときは気をつけること、こんな事故があった友達もいたということも補足すること、を痛感しました。そして野原自身にも気をつけなくてはいけないですよね。
今回のことは私にも原因があると思うのでごめんなさいね。(もちろんそのためにこの記事をのせたとは思ってないですよ!)無事にすんだからよかったようなものの、何かあったらとりかえしのつかないことでした。明日どうだったか様子をまたアップしてもらえるとうれしいです。
Posted by おひさま野原のたんぽぽ日記 at 2009.12.02 23:46 | 編集
v-286野原ママさまへ

今回のことは野原ママとは全く関係ないので、
全然気にしないでくださいね。
野原ママから聞いたからだけでなく、
話を聞く前からも自分でもいろいろと調べていて、
話を聞いたあとも自分なりに調べて、
その結果、手羽中をあげることにしたのですから。
タイミング的に、野原ママが変に責任を感じてしまうかな、
と思い今回の件は記事にするのやめようかとも思ったのですが、
今後、もし同じような状態になるコがいたら、
それがもしパールより深刻な事態になったら、
と思うとやはりお知らせしておくべきだと思い記事にしました。
よく噛んで食べるコや、単独飼いのコであればこういったことは起きないかもしれません。
ただ、いろいろな条件が重なると今回のようなことが起こることもありえるので、
注意が必要ということを知っていただければと。

パールはいたって元気です。
今日もうんPの状態はいい感じですし、食欲も全く問題ありません。
なにかあれば、またブログでお知らせしますので、
あまり気に留めていただかなくても大丈夫です。
Posted by at 2009.12.03 00:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。